小江戸大江戸200kに参加された皆様へ

第11回小江戸大江戸200kの大会を多くの皆様の協力と支援で無事に開催することができました。
コロナ禍のなか今年は関門が厳しく完走率は200kが56%と今までで一番厳しいものとなり、復活しながら楽しんでゴールするいつものウルトラの大会とはなりませんでした。
開催時期の変更、ウエブスタート、関門時間の前倒し、エイド滞在時間の短縮、食材の見直し等コロナ対策として打ち出したもので今後の大会開催の一つの指針になれればと思います。
参加された選手、ボランティアスタッフの皆様、私設エイドを出していただいた多くの仲間、施設や場所を提供頂いた地元の方々すべての方にお礼を申し上げます。
皆様ご協力ありがとうございました。

NPO法人小江戸大江戸トレニックワールド
代表 太田 實

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です