試走会などでは、崩落箇所を通過すると説明していましたが、やはり危険回避のため、

崩落箇所は高巻いて通過することにしました。

ただし、越生駒ケ岳までは上らず、崩落箇所の上、中腹をトラバースして通過することにしました。

Leave Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です